2020年2月22日 (土)

『生涯一役者、仲代達矢』

 今月の市民劇場は、一昨年以来の仲代達矢主演の舞台となった。昨年暮れのNHKラジオ出演の折、「ペテン師タルチュフ」の九州公演が2月にあると聞いて心待ちにしていた。仲代は88歳の米寿を迎えた。現役役者では最高齢になろうとしている一人だが、軽やかなあの身のこなしや長い台詞には、やっぱり主役が張れる役者だと感動するしかない。舞台の主役は膨大な台詞を覚える必要があり、しかもやり直しが効かない。    

 歳を重ねるにつけ、覚えるのが難しくなるのは、私たちと一緒であると思うが、それに挑戦する姿が素晴らしい。台詞は相手方の分も含めて、全て自ら短冊に筆書きし、稽古場の壁や自宅の居間や寝室に貼りまくって、寝ても、覚めても台詞を口に出して覚えるという。役者は年齢は関係ない、いかに台詞を覚えて、芝居をするかだと。少しでも無理だと考えた時点で台詞も覚えられなくなるのだろうし、舞台は努められない。仲代は台詞覚えが好きなのだろうか。

 90になっても現役の役者でありたいと言っている。いつ観ても若い仲代達矢は、ここに原点があるのだろう。生涯一役者を貫く心意気は素晴らしい。感動しかない。私も見習いたい。(勉)

2020年2月13日 (木)

『日本フィルコンサート』

 クラシックが楽しいと以前書いたが、先日、久し振りに日本フィルコンサートに出かけた。子供達が小さかった時以来だ。当時は、二人の子供連れだったので2階席を予約した。子供達がピアノを習い始めたので先生の推薦もあったのだろう。始まって暫くしたら、何か音がするなと思っていると、だんだん大きくなる。それも二重奏だ。子供達の大きないびきである。皆さんにご迷惑やら恥ずかしいやらで、コンサートどころではない。オロオロしていると、近くの席の年配の女性がそのままで良いと目で合図され、何となくホッとした事を思い出す。それから良い音楽を聞くと眠くなるのは当然であると思うようになった。

 今回は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とブラームスの交響曲1番であった。途中、睡魔が襲って来る。いびきをかく程ではないが、心地よくなってきた。昔を思い出し、良い音楽ほど眠くなるのが当然だと再認識した次第である。(勉)

2020年2月 1日 (土)

『ベランダのメジロ』

 毎年この時季に、メジロが会社のベランダにあるジュズサンゴの実を食べにやってくる。今年は、実のつきが悪くアッという間に食べ尽くした。ジュズサンゴは沢山の小さい赤い実をつけてとても鮮やかである。メジロは美味しそうに啄ばむが、人間には毒があるらしい。

 食べ物が無くなっても毎朝やって来るので、ミカンを竹で挿してジュズサンゴの鉢付近にいくつか置いてみた。暫くすると案の定メジロがどこからともなく現れた。落ち着かない様子で、ミカンを啄ばむ。しかも他のメジロは追い払いミカンを全部一人占めしている。

 メジロは渡り鳥で、保護されているので捕獲して飼うことはできないが、餌付けするのは良いらしい。小学生の頃、裏山にメジロ取りに行った事がある。当時、保護鳥だったかも知らず、近所のお兄さんに誘われた。囮のメジロで引寄せ、鳥もちを貼った木の枝を鳥かごの近くに置き、それにメジロが載ると捕獲できる。そして、すばやく鳥もちから外さないと、羽などが絡みつき飛べなくなる。

 沢山のメジロを捕獲できるが、全て持ち帰る訳ではない。メジロの鳴き声には「チー」、「ツリー」、「チョーチ」の三通りがあって、「チー」より「チョーチ」の方が、珍重されていたらしいが、子供達は専ら「チー」しか貰えなかった。時々「ツリー」が捕れたが、近所のお兄さんの物だった。「チョーチ」は聞いた事も無く、捕れなかったので、いまだにいるのか疑問である。

 「チー」を貰って自宅で飼うが、自分の事もまだ出来ないのに、鳥の世話が出来るはずもなかった。昼は外に鳥籠を出し、夜は家屋の中に入れないと寒さで死んでしまう。時々取り入れを忘れたりすると、大変な事になる。気がつくのは大抵、朝。鳥籠が定位置に無い時である。案の定、鳥籠は外で鳥の姿は見えない。底に硬くなって横たわっているのである。

 後始末は母がしてくれたのに、管理できない自分を棚に上げて、八つ当たりをしたような。

 今思えば、勉強する訳でもなく、自然の中を駆け回ったり、テレビやマンガに全部使った楽しい自分時間だったのですね。(勉)

Dsc00721_2

2020年1月22日 (水)

『時は命なり』

 穏やかな新年を迎えた。今年は、東京オリンピックイヤーである。56年前のオリンピックに合わせて買ったテレビで見た入場行進とファンファーレを思い出す。

 最近、「一年が短かった」と、知人達が言う。私も同感なのだが、小学生が「一年が短かった」とインタビューに答えていたのには驚いた。私が小学生の頃は、「一年経つのが長くて、長くて」しょうがなかったが、なぜ短いと感じるのか。今の小学生は、塾・スポーツや音楽の稽古など、一日が忙しいようだ。さらにゲームやSNSの時間も必要らしい。野山を駆け回る時間など、とても無さそうである。

 私自身の経験から仕事が忙しい時は、一日が過ぎ去るのは早く、仕事が暇な時は、一日を長く感じる。また、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など多くの情報に囲まれて過ごすと、一日はアッという間に過ぎ去ってしまう。そのように、時間の長さはその使い方にあるようだ。

 新聞に、聖路加病院の故日野原先生のコラムが紹介されていた。子供達に「命はどこにありますか?」と聞く。「脳」、「心臓」などと答える。先生は「命は時間の中にあるのですよ」。「子供は全ての時間を自分の為に使い」、「大人になったら少しずつ人の為に使いなさい」と時間について説かれていた。なるほどと思いながら、大人となって半世紀も過ぎたが、人の為にどれだけ使ったのか疑問である。沢山のご恩や施しを受けて生かされて来た。沢山の人への奉仕をする時が来たと思う年頭である。(勉)

2019年12月23日 (月)

『池江璃花子選手にエール!』

 急性リンパ性白血病の為、闘病中だった池江璃花子選手。この度、寛解して退院との報道があった。「良かった!」と思うと同時に、一瞬、東京オリンピックに間に合うのかと思ったが、本人は「パリオリンピックを目指します。」と発言した。ベッドで半年以上という長い時間治療を続けていたので、そんなに簡単にはいかないのだろう。

 一般的に入院してベッドに横たわっている時間の何倍も回復時間を要するといわれる。運動選手の場合は、より時間がかかるのは当然だろう。まずは、陸上で基礎体力を作り、その後水泳に取組む計画のようだ。治療は薬の副作用が厳しかったと報じられた。しかし、この治療の時間こそが忍耐力を養う貴重な時間ととらえたのだろう。これをバネに「パリオリンピック」での大活躍を楽しみに応援したい。焦らないで、もちまえの明るい前向きな姿勢で頑張ってほしい。(勉)

2019年12月14日 (土)

『中村哲医師に想う』

 「中村哲医師がアフガニスタンで銃撃される!」という緊急速報が流れた。助かってほしいと願った。医療過疎地での事件であり、残念ながら亡くなった。

 今は亡き義母が大好きで、中村哲先生の本や講演等から、「こんな偉い人はいないと」いつも言って応援をしていた。20年ほど前の事だ。その時、初めて中村哲先生や、ペシャワール会を知った。医師でありながら資金を集め、灌漑水路の工事に自ら重機に乗った。「きれいな水」を住民に届けたいとの願いからである。当時、診療所の医師として派遣されていたが、井戸水が涸れ、汚い水をやむなく飲んで、子供たちが次々亡くなっていった。医療も大事だが、その前にきれいな水がなければ命も救えない。また、生きるための食料も育たなくなり、結果として現金収入の為ゲリラなどに参加して、紛争が発生するという悪循環を断たないといけないと考えたという。

 日本でも奈良・平安時代、行基や空海などは、苦しんでいる貧しい人達のために、ため池や、水路、道路、橋などの土木工事を行ったと習った。

 アフガニスタンの中村哲医師の行いは、これに匹敵する現代の大事業である。

 中村哲医師はキリスト教徒であるという。キリスト教も仏教も慈悲の心や民衆に尽くす心は同じなのだと感じた。灌漑事業は継続されるといわれる。アフガニスタンに平和な時が来る事を願いたい。(勉)

 

2019年11月30日 (土)

『いい湯だなァ』

 「♪いい湯だな!いい湯だな!湯気が天井からポタリと背中に」・・・・と歌いたくなる、湯之元温泉『つれづれの湯』だ。以前、紹介したこともあったが、いつ出かけても心を和ませる嬉しい温泉だ。

 泉質が良いのはもちろんだが、出迎える門構えからどこか料亭を思わせる風情である。御主人が気に入って移築したと聞いた。玄関受付までの通路には石畳が敷かれ、左右には季節の花が咲き、紅葉も楽しめる。池の石橋を渡り大きなガラス戸を「ゴロゴロ」と引くと10畳程の土間があり受付に至る。店主好みの珍しい野の花や花木がいつも何気なく飾ってある。カウンターの前には、近所の農産物が少し置いてある。「いらっしゃいませ。」、「今日は、女性が木のお風呂で、男性が石の風呂です。」と案内があり、入口から温泉にやってきたといううれしい気分になる。

 木の浴室は「木木(もくもく)」といい、湯船から床など全て木で統一されている。石の浴室は「空(くう)」と呼ばれ、湯船、床は石造りである。女性には圧倒的に「木木」が好まれるようだ。「木木」でないとガッカリする声が時々聞こえる。私はどちらも好きだが、「木木」は体に優しい気がする。

 どちらも湯船から見える庭は、大きなガラス窓が全面に設置してあり、額縁の様だ。遠くに杉、ヒノキなどの針葉樹、近くには良く手入れされたモミジ、山茶花、ジャカランダに混じって、多くのバナナの木が眺められ心を和ませる。

 もう一つ気にいっているのが、高温の温泉水を利用したミストサウナだ。普通のサウナ風呂に比べしっとりとした高温のため、水風呂と繰返し数回入っても疲れないように感じる。

 最後にゆったり湯船に浸かって上がる。待合室で、又、ゆったりしたソファーに腰掛けると、ガラス戸ごしに見える庭園の木々が季節ごとに彩りを変える。紅葉や落日が特に美しい。

 そんな『つれづれの湯』に毎週でも行きたいのは山々だが、最近、連休の前日を温泉日に決めた。歳には敵わないかな・・・。(勉)

2019年11月25日 (月)

『干し柿の季節到来』

 道の駅に甘柿、渋柿などたくさん並んでいる。知人のTさんから朝倉名産の志波富有柿が届いた。濃い紅色で大きく甘味が強くとっても美味しい。

 小学校の運動会で食べた灰汁で渋抜きしたアオシ柿の味も懐かしい。渋柿がなんで旨くなるのか今でも不思議だが、普通の甘柿より好きな味だった。道の駅をハシゴして探すが見つからない。造り手がいなくなった故か・・・残念!!

 12月初旬は干し柿を吊るす時期だが、今年は隣のビル新築工事や降灰の影響を考慮し残念ながら中止した。その代わり、焼酎でシブを抜く方法で作る事にした。いま、ビニール袋の中に保存中で、10日程で完成する予定。出来上がりが楽しみだ。

 若い人は柿やリンゴ、ミカンなどの果物があまり好みでないようだ。人はその昔、果物が主食だったとの説もあるが、ビタミンCもたっぷりで、こんなに美味しいのに・・・。(勉)

2019年11月15日 (金)

『レコードプレーヤー』

 昔買った『ハービーマン』のレコードが聴きたくて、ついにレコードプレーヤーを買ってしまった。以前から、新聞の広告に掲載されるのを見るたびに、実家の今は使っていないステレオの中に置きっぱなしの『ハービーマン』のレコードを聴きたいものだと思っていた。

 購入のきっかけは、6月、新聞の片面全部を使った大々的な広告である。これだ、と思って切り取り、会社に持参し熟考してみる。やっぱりレコードを聴きたいという思いが強かったので、ネットで注文した。しばらくして品物が届いた。早速、荷を解き中味を検める。やっと買った安堵感とともに製品の質感の安っぽさが目に付いた。取敢えず電源を入れてラジオを聴いた。レコードは準備が必要なため日を改めて聴く事にした。

 それから、なかなか聴こうと言う意欲が湧かない。楽しみにして心が弾んでいたのが、第一印象でちょっとガッカリ、残念な裏切られた気持ちは否めない。「安物買いの銭失い」とは良く言ったものだが、一回は聴きたいと思いつつ11月も半ばを過ぎようとしている。

 『いい音出ますよ!』とプレーヤーは言っているようだが・・・。(勉)

2019年10月30日 (水)

『仕事の師』

 仕事や習い事、人生などの「師」について修行して成長するのが、昔からの習わしと考えている。その中で、仕事の「師」は、よく同じ窯の飯を食った縁とか聞く。入社したての頃は、右も左も解からず、ただ上司・先輩の教えに従って作業し、結果的に一部携わって仕事を終える。そして、数年経って、自ら小さい仕事を仕上げられるようになり、半人前の技術者に成長する。その頃から、「師」が必要となるのではなかろうか。

 人生のある時期、寝食を共にしてその業に当たる。技術の先鋒としての「師」の姿があり、常に目標である。しかし、目標に近づくのは容易ではない。常に師の自己改革力が数倍上回っている。時に「師」の考え方と同じであれば、ニッコリすることはあるが、それは幻想である。その技の奥深いところには人間力が加えられ、後からついていくことしか考えられない。「師」とはそのような存在だと思う。(勉)