2019年11月30日 (土)

『いい湯だなァ』

 「♪いい湯だな!いい湯だな!湯気が天井からポタリと背中に」・・・・と歌いたくなる、湯之元温泉『つれづれの湯』だ。以前、紹介したこともあったが、いつ出かけても心を和ませる嬉しい温泉だ。

 泉質が良いのはもちろんだが、出迎える門構えからどこか料亭を思わせる風情である。御主人が気に入って移築したと聞いた。玄関受付までの通路には石畳が敷かれ、左右には季節の花が咲き、紅葉も楽しめる。池の石橋を渡り大きなガラス戸を「ゴロゴロ」と引くと10畳程の土間があり受付に至る。店主好みの珍しい野の花や花木がいつも何気なく飾ってある。カウンターの前には、近所の農産物が少し置いてある。「いらっしゃいませ。」、「今日は、女性が木のお風呂で、男性が石の風呂です。」と案内があり、入口から温泉にやってきたといううれしい気分になる。

 木の浴室は「木木(もくもく)」といい、湯船から床など全て木で統一されている。石の浴室は「空(くう)」と呼ばれ、湯船、床は石造りである。女性には圧倒的に「木木」が好まれるようだ。「木木」でないとガッカリする声が時々聞こえる。私はどちらも好きだが、「木木」は体に優しい気がする。

 どちらも湯船から見える庭は、大きなガラス窓が全面に設置してあり、額縁の様だ。遠くに杉、ヒノキなどの針葉樹、近くには良く手入れされたモミジ、山茶花、ジャカランダに混じって、多くのバナナの木が眺められ心を和ませる。

 もう一つ気にいっているのが、高温の温泉水を利用したミストサウナだ。普通のサウナ風呂に比べしっとりとした高温のため、水風呂と繰返し数回入っても疲れないように感じる。

 最後にゆったり湯船に浸かって上がる。待合室で、又、ゆったりしたソファーに腰掛けると、ガラス戸ごしに見える庭園の木々が季節ごとに彩りを変える。紅葉や落日が特に美しい。

 そんな『つれづれの湯』に毎週でも行きたいのは山々だが、最近、連休の前日を温泉日に決めた。歳には敵わないかな・・・。(勉)

2019年11月25日 (月)

『干し柿の季節到来』

 道の駅に甘柿、渋柿などたくさん並んでいる。知人のTさんから朝倉名産の志波富有柿が届いた。濃い紅色で大きく甘味が強くとっても美味しい。

 小学校の運動会で食べた灰汁で渋抜きしたアオシ柿の味も懐かしい。渋柿がなんで旨くなるのか今でも不思議だが、普通の甘柿より好きな味だった。道の駅をハシゴして探すが見つからない。造り手がいなくなった故か・・・残念!!

 12月初旬は干し柿を吊るす時期だが、今年は隣のビル新築工事や降灰の影響を考慮し残念ながら中止した。その代わり、焼酎でシブを抜く方法で作る事にした。いま、ビニール袋の中に保存中で、10日程で完成する予定。出来上がりが楽しみだ。

 若い人は柿やリンゴ、ミカンなどの果物があまり好みでないようだ。人はその昔、果物が主食だったとの説もあるが、ビタミンCもたっぷりで、こんなに美味しいのに・・・。(勉)

2019年11月15日 (金)

『レコードプレーヤー』

 昔買った『ハービーマン』のレコードが聴きたくて、ついにレコードプレーヤーを買ってしまった。以前から、新聞の広告に掲載されるのを見るたびに、実家の今は使っていないステレオの中に置きっぱなしの『ハービーマン』のレコードを聴きたいものだと思っていた。

 購入のきっかけは、6月、新聞の片面全部を使った大々的な広告である。これだ、と思って切り取り、会社に持参し熟考してみる。やっぱりレコードを聴きたいという思いが強かったので、ネットで注文した。しばらくして品物が届いた。早速、荷を解き中味を検める。やっと買った安堵感とともに製品の質感の安っぽさが目に付いた。取敢えず電源を入れてラジオを聴いた。レコードは準備が必要なため日を改めて聴く事にした。

 それから、なかなか聴こうと言う意欲が湧かない。楽しみにして心が弾んでいたのが、第一印象でちょっとガッカリ、残念な裏切られた気持ちは否めない。「安物買いの銭失い」とは良く言ったものだが、一回は聴きたいと思いつつ11月も半ばを過ぎようとしている。

 『いい音出ますよ!』とプレーヤーは言っているようだが・・・。(勉)

2019年10月30日 (水)

『仕事の師』

 仕事や習い事、人生などの「師」について修行して成長するのが、昔からの習わしと考えている。その中で、仕事の「師」は、よく同じ窯の飯を食った縁とか聞く。入社したての頃は、右も左も解からず、ただ上司・先輩の教えに従って作業し、結果的に一部携わって仕事を終える。そして、数年経って、自ら小さい仕事を仕上げられるようになり、半人前の技術者に成長する。その頃から、「師」が必要となるのではなかろうか。

 人生のある時期、寝食を共にしてその業に当たる。技術の先鋒としての「師」の姿があり、常に目標である。しかし、目標に近づくのは容易ではない。常に師の自己改革力が数倍上回っている。時に「師」の考え方と同じであれば、ニッコリすることはあるが、それは幻想である。その技の奥深いところには人間力が加えられ、後からついていくことしか考えられない。「師」とはそのような存在だと思う。(勉)

2019年10月19日 (土)

『いつまでも元気で旅行しましょう。』

 一年振りの前会社のOB旅行会に参加した。11回目となった今回は、高野山、熊野那智の滝、伊勢神宮と聖地を巡る旅であった。旅行会は前会社の上司と部下で構成する互助会で、毎年1回、全国各地を巡ってきた。移動はほとんどレンタカーを使用する。車内では、技術者の性か、仕事の話がほとんどで、昔設計した橋、その経緯や失敗談に花が咲く。一段落すると、現在気になる事、勉強している事、趣味の事、そして病気の事など枚挙に遑無い。私はドライバーで、専ら話を聴く役である。時折、チャチャを入れ話題を変えたり、地図を見たり忙しい。

 元上司のY氏が、素粒子論に発展するととてもついていけない。ほとんど理解出来ない。仕事を辞められた後、散歩と朝鮮語・素粒子の勉強を自らに課していてとても楽しいと話される。「ボケ防止だよ」と言われるが、朝鮮語の会話は理解出来る。素粒子論は難しいらしく結論から言うと解からないらしい。資料を送ってもらい拝見したが、私にとっては、ほとんど理解不能である。

 最近は、持病のある奥様に代わり、掃除、洗濯、料理の片付けなど家事を分担していると言われる。仕事においても家庭においても私たちのよき先達なのだ。

 H氏は75歳になるが、現役の技術者の中では最高齢だと自慢である。趣味は、クラシックギターとお酒である。早朝の入浴と、朝1時間のギターの練習は欠かさないという。酒は全盛期よりかなり弱くなったが、朝の迎え酒が堪らないという兵である。頼もしいが体には気をつけてね。

 ということで、今年も無事旅は終了しました。来年に向けて健康に気をつけて頑張りましょう。(勉)

2019年10月 4日 (金)

『元気にしてますか?』

 久し振りに会って、声を掛けてみると、「家内が一月に急逝した。」との返事。挨拶程度の付き合いではあったが、この時ばかりは時間をかけて話を伺った。「その日、実家の墓参に行き、少し農作業をして帰宅。」、「先に風呂に入り昼寝をしていたが、家内があがってこないので覗いてみると浴槽で亡くなっていた。」、「その後の消防、警察の対応が大変だった」と、堰を切ったように語り出された。

 ある時、散歩の理由を聞いた事があった。「家にいると、家内がうるさくて、けんかになる。」と冗談のように言われた。散歩ついでに、道路のゴミを拾うのが日課らしかった。

 「いつも綺麗にして有難うございます。」と声をかけると「捨てるバカもおれば、拾うバカもいる。だから世の中成り立っている」と言われた。見習うべくゴミを拾おうと思うのだが、大勢の人がいるとなかなかできない。

だが、「ゴミの師匠」が言われるように、バカになってなるべく人のいない公園などのゴミを拾っている。しかし、会社にゴミを持っていけば、「会社は、有料で捨てるのですよ!」と念を入れて言われるが、負けじと拾って来る。

 その「師匠」の姿を最近見かけなくなった。「元気かなァ」(勉)

2019年9月21日 (土)

『市民劇場』

 「鹿児島市民劇場」に入会した頃、比較的若い人も多く年間10回3日公演だった。現在は会員の高齢化、減少が目立ち、年間7回2日に減った。若い人が極端に少ない。

 今は鬼籍に入られた名優達の舞台が懐かしい。杉村春子の「牡丹灯篭」、宇野重吉の「三年寝太郎」、小沢昭一の「一人芝居」などが印象に残っている。晩年の舞台で、病気をおして主演された人もいて、まさに役者冥利に尽きると言わせたものであった。

 そんな中、元気な俳優がいました。無名塾の仲代達也である。今年87歳。「ハムレット」、「マクベス」などのシェークスピア劇の出演が多いが、2016年公演の、「肝っ玉おっ母と子供たち」はユーモラスな芝居でとても楽しかった。

 今年は「ぺてん師タルチョフ」を全国80公演するという。台詞を覚えるのが若い人の10倍はかかるようになったという。台詞は筆で自書して稽古場の壁一面、寝室の回りに張り巡らせ、日夜台詞を読み上げながら覚えるという。

 もちろん、今回も初演は七尾の能登演劇堂で10月26日から始まる、そのチケットは完売状況。

 鹿児島は来年1月の公演。今から楽しみだ。(勉)

2019年9月13日 (金)

『十五夜のお供え』

 今日は中秋の名月。昨日のブログにお供えが間に合いませんでした。

Cimg0697

「ススキ、女郎花、ハギ、クリ、柿、野菜等」

2019年9月12日 (木)

『中秋の名月』

 9月13日は、中秋の名月。子供の頃、相撲や綱引きなどの秋の楽しい行事満載の「十五夜さん」だった。母は、月の見える縁側に、ススキ、ハギ、クリなどを一升瓶に飾り、白い団子にサトイモ等の季節の野菜や果物を竹箕に入れて供えていた。

 子供達は十五夜祭りに合わせて、青年団の兄さん達の指導を受けて準備する。まず、綱引きの綱を綯うため、中心にいれるカンネンカズラを山に取りに行く。山奥にあるのを取り出すのに力がいるので、もっぱら青年団の兄さん達の仕事であった。小さい子供達は、切り出したカズラを引っ張り出す仕事で、初めての手伝いがとても楽しく、少しだけ兄さんたちに近づいた気がした。

 次は、溝に浸けておいたカズラと藁を一緒に綯う仕事である。道路脇の大きな木の枝に吊るして綯っていき、直径20cmから30cmの綱が出来る。延長は50m位あったような気がする。完成するとすごい重量で、このときばかりは、大人も加勢して全員で運んだ。

 一方、相撲の土俵は道路沿いの広場に造られた。近くの山からシラスをリヤカーで運ぶのである。集落中のリヤカーを集めて作業するので、当日の朝から始めて祭り前にはちゃんと完成していた。

 夕方、まだ明るい頃からまず相撲が始まる。小学生の学年別に相撲を取る。いつも顔ぶれは同じだった。人数が少なかったので、女の子達も相撲を取っていた。景品は文房具で勝っても負けても鉛筆かノートだった。でも、勝って貰うのが嬉しかった。

相撲が終わる頃、桜島の山頂から落ちるのでないかと思う程の大きな月が昇ってくる。

昼のような明るさだった。当時は、街灯も少なく家は電球の明るさだけで、暗かったのでしょうね。

 クライマックスは、紅白に分かれて集落全員での綱引きである。重いあの綱を全員で所定の位置に配置し、準備完了。集落の長の合図で綱引きが始まる。三本勝負が普通だったが、途中で綱が切れたら、そこで終わり。そして、万歳!万歳!で締めくくる。

 その頃から半世紀以上経過したが、楽しかった初秋の思い出である。あの大きかった月は今でも本当に大きかったのではと、内心思う事があるが・・・。(勉)

 

2019年8月31日 (土)

『一期一会』

 ウォーキング通勤でJR鹿児島中央駅の改札口前を通るのが、定番のコースである。いつも顔を見かける自動清掃機械を操る女性、コーヒースタンドの店員さん、キヨスクの人、駅員さん等の中に、アミュープラザ広場の前で出会う「懐かしきロックンローラー」がいる。年の頃、70歳位だろうか。いつもダンス(クルクル回転)しながら歌っている。なかなか年季が入っており、身のこなしが軽やかである。かん高い声であるが、曲名は解らない。その出立ちは、年季の入ったカストロ帽子に、サングラス、短パン、Tシャツ姿である。朝、いつも出会うが声をかけられる雰囲気ではない。

先ごろ、高校総体が鹿児島であったが、アミュー広場前は各地からの高校生で溢れていた。

「ロックンローラー」がいつものように、回転しながら歌っている。しかし、なんだかいつもの歌と違う、耳を欹てて聴くとなんと「おはら節」を唄っているではないか!各地から来鹿した高校生へのサービスだったのであろう。平常に戻った今、いつもと変らない「ロックンロール」が聞こえるが、なにかホッコリするものを感じる。

しかし、毎日出会うほとんどの人は「一期一会」。いつも傍にいる人。会った記憶のある人。など、ご縁を大切にしたい。(勉)